プロの専門家に離婚相談をして悩みを解決する

遭遇した場合には

交通事故でのむちうち症状の特徴

車に乗車中交通事故に遭遇した場合、人間の体の構造上首に負担がかかりやすく、むちうちの症状になるケースが多いものです。 むちうちの正式な傷病名は「頸椎捻挫」「頸椎打撲」などであり、骨折などの骨に異常がなく、筋肉やじん帯などの軟部組織の損傷を言います。 交通事故の場合突然の衝撃で身構えてないことが多い為、むちうちになりやすいと言われています。 症状としては、首から肩にかけての痛み、重さ、違和感、またそれに伴う頭痛や吐き気、しびれなどが主なものです。 こうした症状の程度や完治までの期間は人によって様々で、年齢や体型、衝撃の程度などにより左右されます。また、雨の日や湿気の多い日に気圧の関係で症状が強くなる場合もあります。

早く治す為に重要なことは

こうした交通事故におけるむちうちの症状はとてもつらいものがある為、できれば1日でも早く治したいものです。 そのためには急性期と呼ばれる期間はとにかく安静にして、日常生活でなるべく首に負担をかけないことが重要です。 急性期とは受傷から約1、2週間の間で、この期間は組織が炎症を起こしている為、これ以上症状を悪化させない為にも極力安静にしておくことが大切です。 医師の指示によりコルセットなどの装具で固定することも有効な手段でしょう。 そして急性期以降の期間については、医師の指示に従いながらリハビリなどを積極的に行い、弱った筋力を回復しながら組織の回復に努めましょう。 軟部組織の回復期間は、医学的には3ヶ月程度要するとされているので、根気よく治療を続けることが交通事故におけるむちうち症状克服への近道と言えます。

Copyright (c) 2015 プロの専門家に離婚相談をして悩みを解決する all reserved.